スポンサードリンク



チャコールスターターを自作してみた

バーベキューで、炭への点火に苦労した経験が誰しも一度はあると思う。
新聞紙を丸めて、炭を井桁に組んで、火を付ければ炭に点火できるって、書いてあった通りにやってみてもすぐに消えてしまったり・・・
団扇でバタバタ汗だくになって煽いでも、1時間くらいかかったり。

そこで、家に赤ちゃん用の粉ミルクの空き缶があったので、底に穴を空けて炭の火興しを試してみた。
チャコールスターターの原理は、空気の対流を利用して効果的に炭に火を付ける仕組み。缶の底に入れてある新聞紙に火を付けると、炎と熱気は全て上へと抜け、自然に炭に火が付くというのだ。

最初は缶切りを使って缶の周囲に小さな穴を空けてみたのだが、いかんせんこれでは空気がうまく通らない。
それに構造上、下から点火してやる必要があるため、チャッカマンが差し込める程度の穴が必要で、実際そのために大きめに穴を空けた部分だけは良く燃えた。

徐々に穴を大きくしていって、直径1センチ程度の穴をたくさん空けてみたところ、ようやく勢い良く燃えるようになった。

バタバタあおぐ必要は全くなし。新聞紙を固く丸めて缶の底に入れ、その上にできるだけ小さめの炭を差し込み、点火!

新聞紙がメラメラと燃え、しばらくして火が消える。この時あわててあおいだりせず、煙が出ている間はしばらく待つ。

10分ほどすると、煙がモクモク上がっており、見事に火が点いていた!

あとはさらに大きな炭を缶にぶちこみ、放置!
十分に火が点いたら、グリルに乗っけて、その上に井桁に炭を置き、自然に上昇気流で火が廻るのを待つ。

着火剤なしで、たった30分でバーベキューの準備完了である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102442100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。