スポンサードリンク



ツインバーナーを実際に使った感想


ユニフレーム ツインバーナーUS−1800 【UNIFLAME】


Coleman(コールマン) コンパクトキッチンテーブル

今回のキャンプではこの2つを組み合わせて使ってみたが、メーカー違いながら特に問題なくセットすることができた。

ツーバーナーは、専用ガスではなく、普通の市販のカセットガスを使ったが、特に火力不足を感じることはなかった。ただし、ガスの減りはけっこう早い。2泊3日で約4本を消費した。

気になったのは火力調整のツマミが小さくて材質が木のため、滑りやすいこと。飯炊きの時などは、かなり微妙な火力調整が必要なので、次回行く時は滑り止めのテープを巻くなどしてカスタマイズしようと思っている。

キッチンテーブルは、やはり軽いというのが一番うれしい。
正直、丈夫さはさほどでもないが、キャンプで使う道具としては、軽さの方が重要だ。もちろん、野菜を切ったりするくらいには十分耐えうる。



ユニフレーム fanライスクッカーDX 【UNIFLAME】

これも今回購入して使ってみた。
飯炊きというのは、実はアウトドアでの調理の中でも一番重要でしかも難しい作業。
適度な厚みとコーティングされた内部、適度な重さのフタが飯炊きをサポートしてくれる。
目盛りどおりに水を計って炊いてみると、少し硬めの炊きあがりだったが、初めて外で炊いた飯を食べた5歳の長男は「おいしいおいしい」ととても喜んでくれた。
5合まで炊けるので、4人家族なら十分だろう。



食器・食材を清潔に涼しく保管・収納スノーピーク ネットラックスタンド



2007▽☆コールマン ハンギングドライネット【817SAPT21】

今回、無くて苦労したのが、これ。
洗った後の食器を干す場所が必要だと改めて気づいた。
昔バイクでソロキャンプをしていた時には、食器=鍋だったので、そのまま拭いて終わりだったが、ファミリーキャンプでは洗い物が多い。
食器を濡れたままにしておくと不衛生なので、このような食器干しがやはり必要だと思う。ちなみにこれらは虫がたかるのも防止できるように作られている。

あと、洋服やタオルを干すためのロープもあると便利だ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52295682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。