スポンサードリンク



チャコールスターターを自作してみた

バーベキューで、炭への点火に苦労した経験が誰しも一度はあると思う。
新聞紙を丸めて、炭を井桁に組んで、火を付ければ炭に点火できるって、書いてあった通りにやってみてもすぐに消えてしまったり・・・
団扇でバタバタ汗だくになって煽いでも、1時間くらいかかったり。

そこで、家に赤ちゃん用の粉ミルクの空き缶があったので、底に穴を空けて炭の火興しを試してみた。
チャコールスターターの原理は、空気の対流を利用して効果的に炭に火を付ける仕組み。缶の底に入れてある新聞紙に火を付けると、炎と熱気は全て上へと抜け、自然に炭に火が付くというのだ。

最初は缶切りを使って缶の周囲に小さな穴を空けてみたのだが、いかんせんこれでは空気がうまく通らない。
それに構造上、下から点火してやる必要があるため、チャッカマンが差し込める程度の穴が必要で、実際そのために大きめに穴を空けた部分だけは良く燃えた。

徐々に穴を大きくしていって、直径1センチ程度の穴をたくさん空けてみたところ、ようやく勢い良く燃えるようになった。

バタバタあおぐ必要は全くなし。新聞紙を固く丸めて缶の底に入れ、その上にできるだけ小さめの炭を差し込み、点火!

新聞紙がメラメラと燃え、しばらくして火が消える。この時あわててあおいだりせず、煙が出ている間はしばらく待つ。

10分ほどすると、煙がモクモク上がっており、見事に火が点いていた!

あとはさらに大きな炭を缶にぶちこみ、放置!
十分に火が点いたら、グリルに乗っけて、その上に井桁に炭を置き、自然に上昇気流で火が廻るのを待つ。

着火剤なしで、たった30分でバーベキューの準備完了である。

風が強くても大丈夫! 狭い場所でも安心して使える蓋付きコンパクトグリル


蓋付き型のいいところは意外と気付かれていない。
風の強い時はもちろんだし、スモークチップを入れれば燻製も作れる。
何よりも大きな塊の肉をじっくり中まで火を通すことができる。
値段が高いだけのことはあるのだ。

備長炭でサンマを焼いてみよう!


これだけ揃えばサンマが簡単に美味しく焼ける【備長炭で焼く七輪7点セット】

1匹100円のサンマでも、備長炭で焼くのと、家のガスグリルで焼くのとでは大違い。こんがり焼きたいサンマなのに、水を入れたガスグリルではどうしても湿っぽくなってしまう。たまには庭かベランダで、炭火でサンマを焼きましょう!

強風の中でも安心、確実な着火マシン


Weber(ウェーバー) ラピッドファイアースターター

バーベキューの火起こしで苦労したことは誰でも一度はあると思います。
お腹はペコペコなのになかなか炭に火が付かないと大変ですよね。
特に風が強い時なんか、いくら着火剤をたくさん使ってもうまくいかなかったりします。
この製品はナベ状の炉の中に炭を入れて熱するタイプなので、どんなに強風の中でも確実に着火できます。
お父さんの面目を保つためにも、用意しておくと安心ですよ。

南部鉄器のジンギスカン鍋




【南部鉄器】岩鋳 ロストルジンギスカン鍋



伝統工芸品【南部鉄器】の本格仕様ジンギスカン鍋です。
写真からは分かりにくいですが、鍋にたくさんのスリット(穴)を開けてあり、そこから炎が直接お肉に当たり、
溝から肉の余分な油が落ちるようにできています。
家庭のカセットコンロで手軽に使えて、しかもヘルシー、
そして炭火で炙り焼き焼きしたみたいに肉が美味しく仕上がります。
私も毎月1回は使っていますが、家庭の焼肉がこれがあるだけでとても高級感のある料理に感じられます。
難点は重いこと。2.27kgありますので、洗う時にはちと疲れます。ただ、この厚さのお陰で肉を乗せた瞬間に鉄板の温度が下がらないで美味しく焼けるのですから仕方ないですね。

炭を使わずカセットボンベでお手軽バーベキュー



炉端亭ジュージュー


昔は家庭で焼肉をやるときは、カセットコンロに鉄板を乗せて焼いたものですが、鉄板だとどうしても肉の脂が溜まってギトギトになりがち。ところがこれは、遠火で焼いて余分な油は水の中に落ちる仕組み。実にニッチなアイデア商品。作今のバーベキューブームの中、ヒット間違いなしでしょう!

家庭で気楽に焼き鳥や焼き肉をやるもよし、
手間をかけずにアウトドアでバーベキューをやるもよし。

手入れもしやすくできているので、本当にスグレ物ですね。
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。