スポンサードリンク



LEDはキャンプの燃料に革命を起こすのか?

家族と2泊3日のキャンプに行ってきたが、ランタンの世界に革命が起こっている。1リットル1000円もするコールマンのホワイトガソリンと、3000円程度のLEDランタンとを見比べて、どう思うか?
余ったガソリンの処理の面倒さと、コスト高、点火の手間、重量、コンパクトさ、マントルの寿命とLEDの寿命。
確かにガソリンランタンには独特の風情があるが、便利さとコストで比較したら、まったく勝負にならない。
このままいくと、世の中から電球というものが消えてなくなる日も近いかもしれない。トランジスタの普及によって消滅した真空管のように。



LED-POWERランタンロゴス fm005



窓ガラスにペタッと貼り付けできる超キュートなソーラーライト☆ライトシップ イエロー


スーパーLEDランタンEX−034R


ペットボトルでLEDライト(2個組)


反射ミラーとLEDでとにかく明るい♪ LEDマイクロランタン【スポーツ・アウトドア】

燃料をカセットガスで統一するならこのランタン


●KP05104イワタニIwataniカセットガスランタン【ギフト専科】【070803m】8月3日9:59までポイン...



ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングガスランタンUL−X【お買い得2点セット】+マントルプ...

どちらも市販のカセットガスが使えるランタン。
確かにガソリンタイプの明るさには及ばないが、燃料を統一できるメリットは捨て難い。
ホワイトガソリンは使い残すと処分のしようがないのに比べ、カセットガスは家庭で使えるし、来年まで置いておいても腐ったりしない。
音が静かなのもうれしい。

愛用のランタン



コールマン(コールマン)ノーススター2000ランタン 2000750J

2バーナーでは圧倒的にガスタイプを支持するストローおやじだが、さすがに泊まりのキャンプで使用するランタンはガソリンタイプを選ぶ。
長時間燃やし続けるので、ガスタイプでは燃費も気になるし、光量も比較にならない。
こいつはおそらくどこのショップでも見かけるであろうポピュラーな製品だが、コールマンらしく、頑丈でパワフル、低燃費。とても頼りになるランタンだ。
ただ、難を言えば、燃焼音が「ゴォーッ!」とうるさいことぐらい。
却って野良犬除けに役立つかもしれない。
最初にガソリンランタンを買うならお勧めできる一品だ。
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。